「若松市長選」推薦願、結論は13日 自民党支部

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党会津若松、北会津、河東の3支部は10日、会津若松市長選に立候補を表明している元自民党県議で現職の室井照平氏(59)と、元自民党県議で新人の平出孝朗氏(58)から出されている推薦願への対応について、13日に開く3支部長・幹事長会議で結論を出すと発表した。

 10日に同市役所で開いた会見で明らかにした。市長選は自民系の現新候補者の立候補で自民分裂の構図となっており、5月末までに双方から出された推薦願の対応について3支部役員会を開いて協議したが、結論がまとまらなかった。