高校生"歓迎の声" 「18歳選挙権」成立、若き1票どう動く

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
高校生

来夏からの有権者からは歓迎に交じって無関心の反応もあった(写真は、5日の白河高2年生による模擬投票)

 「18歳選挙権」を認める改正公選法が可決、成立した17日、投票権を付与される高校生からは歓迎や期待を示す声に交じり「関心がない」「3年の大事な時期に時間を割かれる」などの意見が聞かれた。高校関係者は「言動に慎重を期さなければ」「投票日と学校行事が重なる場合もあり得る」と心配する。"若き1票"は政治と学校現場にどんな変化をもたらすのか。

 「18歳までに選挙権を与えるべきと思っていた。政治への思いがある。必ず投票に行きたい」。いわき市の双葉高3年の高田駿佑さん(18)は法改正を歓迎した。福島市の橘高2年の野地悠花さん(16)も「若い意見が反映されるのは魅力」とし、「政治について学校で学ぶ機会を増やして」と注文を付けた。福島市内では、来年18歳になる高校生の男女から「よく分からない」「あまり関心がない」と冷めた反応もあった。