井関氏、町民と一緒に進む 柳津町長選・当選証書付与式

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
井関氏、町民と一緒に進む 柳津町長選・当選証書付与式

天野委員長から当選証書を受ける井関氏=柳津町

 21日に投開票が行われた柳津町長選で4選を飾った井関庄一氏(67)への当選証書付与式は22日、町役場で行われた。

 天野昭好町選管委員長が井関氏に当選証書を手渡した。井関氏は「ふるさとが柳津で良かったと思える町づくりを町民と一緒に進めたい」と抱負を述べた。井関氏の任期は26日から4年。町議補選(欠員1)で無投票当選した荒明正一氏(68)にも当選証書が付与された。

 柳津町長選・投票率は0.94ポイント下回り87.11%

 柳津町長選の投票率は87.11%で、選挙戦となった2007(平成19)年の88.05%を0.94ポイント下回り、町長選としては過去最低を記録した。

 町選管によると、投票者数は2731人(男性1316人、女性1415人)。22投票所別にみると、ほとんどの投票所が80〜90%台の高い投票率となり、最も低かったのは野老沢投票所の70%だった。

 町選管は昨年12月の衆院選の投票率が74.47%だったことと比較し、「有権者にとって関心の高い選挙だったといえるのでは」と分析した。