「ミスなく投票事務を」 福島市議選、選管が職員に説明会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「ミスなく投票事務を」 福島市議選、選管が職員に説明会

投票事務の注意事項などを説明した本田事務局長

 12日投開票の福島市議選(定数35)に向け、昨年の衆院選開票で未集計票が見つかるなど選挙作業ミスが相次いだ福島市選管は8日、投票事務に従事する職員537人を対象とした説明会を開いた。職員らが注意事項などを確認した。

 6月に策定した選挙管理執行事務改善計画に基づき、全投票事務従事者を対象とした説明会の開催は初めて。

 福島市公会堂で3回に分けて開いた。午後6時から開かれた3回目の説明会には約120人が参加。黒沢勝利市選管委員長が「ミスなく投票事務をやりきってほしい」とあいさつした。本田和主市選管事務局長が、今回初めて作った、投票の流れや注意すべきポイントを絞った簡易版のマニュアルを使い、職員に手順を説明した。