「会津若松市議選」スタート 定数30に現・新35人が立候補

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市長選と同日程で行われる同市議選は19日告示され、定数30に対し現職18、新人17の計35人が立候補を届け出た。各候補は地元などで第一声を放ち、白熱の選挙戦をスタートさせている。立候補者を政党別で見ると自民1人、民主1人、公明3人、共産2人、社民3人、維新1人、無所属24人。女性候補は3人。

 期日前投票は20〜25日、市役所栄町第2庁舎前プレハブ(午前8時30分〜午後8時)と北会津、河東各支所、大戸公民館、基幹集落センター(午前8時30分〜午後7時)で受け付ける。投票は26日午前7時から午後7時(一部で同6時)まで市内71カ所で行われ、午後8時から鶴ケ城体育館で開票する。

 18日現在の有権者数は10万214人(男性4万7091人、女性5万3123人)。