郡山、須賀川両市議選"告示まで1週間" 投開票は9日

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う郡山、須賀川両市議選は26日、8月2日の告示まで1週間となった。両市議選とも立候補者が定数を超える見通しで、選挙戦となる公算が大きい。投開票は同9日。

 【郡山市議選】定数は前回から2減の38。現時点で現職34人、元職1人、新人27人の計62人が立候補に向けた準備を進めており、定数を20以上も上回る大激戦となる見通し。

 【須賀川市議選】定数は前回から4減の24。現職21人、新人6人の計27人が立候補を予定している。ほかにも元職1人の動きがあるが流動的で、少数激戦となる見通し。