会津若松市議30人決まる 投票率は過去最低50.24%

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う会津若松市議選は26日投開票が行われ、新議員30人が決まった。任期は8月7日から4年。

 立候補した35人(現職18人、新人17人)のうち、現職18人、新人12人が当選した。投票率は50.24%で、過去最低だった前回の59.98%をさらに9.74ポイント下回った。

 現職12人が今期限りで引退するため、新人が候補者のほぼ半数を占め、乱戦となった。同日程の市長選が戦後初の無投票となった上、明確な争点もなかったため盛り上がりに欠けた。

 当日有権者数は9万8680人(男性4万6253人、女性5万2427人)。当選証書付与式は28日午後3時から市役所で行われる。