「全力投球で白河市政」 鈴木白河市長が3期目「初登庁」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「全力投球で白河市政」 鈴木白河市長が3期目「初登庁」

職員から花束を受ける鈴木市長(左)

 任期満了に伴う白河市長選で3選を果たした鈴木和夫市長(65)は29日、初登庁した。任期は同日から4年。

 大勢の市職員と支持者に迎えられ、花束を受けた鈴木市長は「全力投球で3期目の白河市政を引っ張っていきたい」と抱負を語った。

 就任式では、職員に対し「考えを共有しながら、同じ方向性を持って市政をつくっていこう」と訓示した。職員を代表し、鈴木進一郎副市長が「鈴木市長の下、心を新たに一生懸命、職責を果たしていきたい」と述べた。