元職の小野氏が出馬へ 11月任期満了の湯川村長選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月8日の任期満了に伴う湯川村長選で、元職の小野敏文氏(77)は17日、無所属で出馬する意思を固めた。会津若松市で18日、記者会見し正式表明する。

 小野氏は福島民友新聞社の取材に対し、「現在の村政は真に村民のための村政か疑問を感じた。産業経済の基盤をつくり、衰退している農業を再生したい」と語った。

 小野氏は同村出身。会津農林高卒。村議5期を経て、1994(平成6)年の村長選で初当選し、3期務めた。

 同村長選をめぐっては、現職の大塚節雄氏(71)=3期=が今期限りでの引退を表明している。ほかにも立候補を探る動きがある。