現職の馬場氏が正式に出馬表明 浪江町長選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い、11月5日告示、同15日投票で行われる浪江町長選で、現職の馬場有氏(66)=2期=は8日、同町9月議会で3選を目指して立候補することを正式表明した。無所属で立候補する。

 馬場氏は一般質問で立候補の意思を問われ「経験を生かし、町政を前に進めてほしいという声をいただいた。正念場の4年間と考えており、不撓(ふとう)不屈の精神で、私情を捨てて公益に徹したい」と語った。

 馬場氏は浪江町出身。東北学院大経済学部卒。町議、県議を経て2007(平成19)年の町長選で初当選した。双葉地方町村会長。

 同町長選では、いずれも新人で前同町議会議長の町議小黒敬三氏(59)、前副町長の渡辺文星氏(64)も無所属での立候補を表明している。