届け!私たちの「声」 専門学校生が福島県議選啓発ラジオCM

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い11月5日告示、15日投票で行われる県議選に向け、県選管は2日、福島市のラジオ福島で、県内の専門学校生がつくった啓発CMの収録を行った。7日には郡山市のふくしまFMで別バージョンのCMを収録する。それぞれのCMは選挙期間中、各局をはじめ県内の大型店舗や商店街で放送される。

 この日収録に臨んだのは、国際アート&デザイン専門学校(郡山市)の熊谷大輝さん(20)=音響・照明エンジニア科2年=と斎藤葵さん(19)=声優科1年=の2人。同局のアナウンサーと一緒に、熊谷さんが考えた「福島のパワー(選挙の投票率)が低く充電切れを起こしそうになっている」と訴えるストーリー仕立てのCMを収録した。県選管は同校の学生から原案を募り、45点が寄せられた。各局が1点ずつ選定して内容を詰めた。