「福島県議選」開票終了は16日0時30分 福島、郡山が最も遅く

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月5日告示、15日投開票で行われる県議選で、県選管は15日、県内59市町村の開票終了見通しを明らかにした。最も遅い開票終了時刻は福島、郡山両市の16日午前0時30分で、町村部では猪苗代町の15日午後11時15分が最も遅い。残り56市町村は午後10時50分までに開票作業を終える見通し。

 2011(平成23)年11月の前回と比べ、開票終了が遅れるのは12市町村。このうち郡山市は約2時間50分、福島市は約2時間30分、前回より遅くなる見通し。前回は県内全市町村(会津若松市は一部の投票所)が投票終了時刻を繰り上げ、福島、郡山両市も2時間繰り上げたが両市は今回繰り上げを実施しないことに加え、確認作業を徹底するなどの理由で前回より2時間以上遅れる見通しになった。

 一方、前回より開票終了が早まるのは会津若松市や矢吹町など15市町村。このうち双葉町は前回、役場機能があった埼玉県加須市で開票を実施し輸送時間がかかったが、今回はいわき市の町いわき事務所で開票作業を行うため、前回より2時間短縮される見通し。

 53市町村で「繰り上げ」

 県議選の投票終了時刻は53市町村が全ての投票所で繰り上げる。繰り上げを実施しないのは、福島、郡山両市に加え、喜多方市、猪苗代町、三春町の5市町の304投票所。このほか9月に避難指示が解除された楢葉町は、町内外3カ所の投票所のうち会津美里町は午後5時、いわき市は同7時に繰り上げ、町内の町コミュニティーセンターの投票所では繰り上げを行わない。

 県選管によると、15日現在、県内59市町村の投票所は1298カ所。全ての投票所で終了時刻を繰り上げる53市町村と一部を繰り上げる楢葉町の計993投票所のうち、午後5時までの「3時間繰り上げ」は7カ所、同6時までの「2時間繰り上げ」は718カ所、同7時までの「1時間繰り上げ」は266カ所。また大熊町と川内村は、郡山市内に設置する各投票所で投票開始時間を2時間繰り下げ、終了を2時間繰り上げて午前9時から午後6時までとする。