「小熊氏帰国後に対応協議」 維新福島県総支部総務会長

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 維新の党県総支部総務会長の水野さち子県議は22日、県総支部の代表を務める小熊慎司衆院議員(福島4区)が離党したことを受けた県議選への影響について福島民友新聞社の取材に応じ、「小熊氏と直接話をしていないので現段階で何とも言えない。小熊氏が外遊から帰国後、対応について協議する」と述べた。

 福島市選挙区に維新の党公認で立候補を表明している大内雄太氏は「小熊氏の離党にかかわらず、維新の党公認で県議選を戦う」と述べた。

 郡山市選挙区から出馬を表明し、維新の党に公認を申請している有川りえ子氏は「これまでと変わらず、党県総支部の公認候補として戦う」と話した。