新人・金山氏が立候補の意思 県議選、白河市・西白河郡

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い11月5日告示、15日投票で行われる県議選白河市・西白河郡選挙区(定数3)で、新人の自営業金山屯(じゅん)氏(75)は22日までに立候補の意思を固めた。

 金山氏は福島民友新聞社の取材に対し「民意を反映する場が必要で、無投票となるのは考えられない。脱原発を訴えたい」と決意を述べた。

 金山氏は東京都出身。青山学院大経済学部2部卒。2007(平成19)年、11年、15年の白河市長選、09年の泉崎村長選、10年の西郷村長選に立候補したが、いずれも落選した。

 金山氏が立候補すると、白河市・西白河郡選挙区(定数3)では4人が出馬して選挙戦になる見通し。