水野氏が維新離党へ 小熊氏と協議、無所属で県議選出馬方針

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 維新の党県総支部総務会長の水野さち子県議は1日、維新の党を離党し、無所属で活動する意向を固めた。3日にも離党届を提出する見通し。党県総支部代表を務める小熊慎司衆院議員(福島4区)が離党届を提出したことを受け、小熊氏が外遊から帰国した1日に小熊氏と協議し、離党を決めた。水野氏は福島民友新聞社の取材に「本県の復興を進めるため、小熊さんと行動を共にし、引き続き県政と国政をつなぐ役割を果たしていく」と述べた。5日告示の県議選に無所属で立候補を届け出る方針。

 有川氏も無所属に 大内氏は党公認で

 県議選で、郡山市選挙区から出馬を表明し、維新の党県総支部が公認する意向を示していた新人の有川りえ子氏は1日、党の状況を踏まえ、無所属で立候補する方針を示した。

 福島市選挙区に維新の党公認で立候補を表明している新人の大内雄太氏は福島民友新聞社の取材に「維新の党公認で県議選を戦うことに変わりない」と述べた。