「浪江町長選」8年ぶり選挙戦 現新3氏が立候補

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う浪江町長選は5日告示され、届け出順に、新人で前町議会議長の小黒敬三氏(59)、新人で前副町長の渡辺文星氏(65)、現職の馬場有氏(66)=2期=の無所属3氏が立候補した。15日の投票に向けて10日間の選挙戦に入り、各候補は仮設住宅を中心に遊説した。同町長選が選挙戦となったのは2007(平成19)年以来8年ぶり。

 投票は15日午前7時から県内8カ所で行われる。二本松市の同町二本松事務所では午後7時まで、中通りの4カ所では午後6時まで、浜通りの2カ所と桑折町のJR桑折駅前仮設住宅では午後5時まで。同日午後8時から二本松市岩代支所で開票される。

 4日現在の有権者数は1万5826人(男性7653人、女性8173人)。