「復興担う代表選択」 福島県議選へ菊地県選管委員長会見

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 菊地俊彦県選管委員長は13日、県庁で記者会見し、県議選に向けての談話を発表、今県議選を「県民が復興の現状と課題に目を向け、本県の将来を考える極めて重要な選挙」と位置付け、県内外の有権者に投票参加を呼び掛けた。

 菊地委員長は投票率向上のため、県内の専門学校と連携した選挙啓発や、県内外に避難する有権者の投票の機会を確保するための細かな情報提供に取り組んできたと説明。「有権者に選挙の大切さを十分に認識してもらい、福島の復興・再生を担う代表者を選択するという貴重な権利を行使してほしい」と訴えた。