「町復興果敢に挑戦」 渡辺大熊町長が3期目初登庁

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初登庁で花束を受ける渡辺氏(右)=会津若松市

 任期満了に伴う大熊町長選で無投票3選を果たした渡辺利綱氏(68)は20日、会津若松市の町役場会津若松出張所に初登庁した。任期は同日から4年。

 渡辺氏は大勢の職員に拍手で迎えられ、職員から花束を受け取った。その後、渡辺氏は初訓示で「町民の生活安定と帰還に向けた環境整備の2本柱に向けて、着実に一歩一歩進めていく。町復興には課題山積だが希望の光が見えてきた。立ち止まらずに果敢に挑戦していく」などと意気込みを示した。