福島県のアダムズ方式導入、与野党とも厳しい意見

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2015年国勢調査の速報値に基づき、人口比をより反映する新たな議席配分方法「アダムズ方式」を導入すると本県の衆院選挙区が5から4に減るとする試算について、与野党ともに厳しい見方が出た。

 自民党県連の根本匠会長(衆院福島2区)は「本県を含めた被災地には解決すべき課題がある。人口統計を単純に当てはめて良いわけではない」との見解を示した。吉田栄光幹事長は「国会での議論は受け止める」とした上で「本県は震災と原発事故で住民避難が継続し、人口減少も加速している。民意を国政へ反映するには国会議員が欠かせず、議員数だけの議論でいいのか疑念を持つ」と指摘した。

 民主党県連の玄葉光一郎代表(衆院福島3区)も「ことさらに被災地の選挙区数が減るような15年の速報値を用いる必要があるのだろうか」と、影響を懸念した。亀岡義尚幹事長は「定数削減は当然だが、10年の国勢調査を基とすることが前提だ。15年調査は避難地域の実情を反映しておらず、そのようなデータで削減するべきではない」と述べた。