全国で2番目に少なく 衆院小選挙区・福島4区の人口

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2015年国勢調査の速報値では、衆院小選挙区の福島4区の人口が27万7806人で、全国で2番目に少なかった。人口が最も多い東京1区との「1票の格差」は2.286倍だった。

 新たな議席配分方法「アダムズ方式」が導入されれば、小選挙区は「9増15減」となり、本県の定数が1減となる。そうなると中選挙区時代は会津と県南が旧福島2区だったが、福島3区と福島4区が統合されれば同じ選挙区となるため、統合の可能性も考えられる。

 福島3区と福島4区を合わせた場合、人口は62万5886人となり、東京1区に近い規模となる。

 このほか、本県の衆院小選挙区の東京1区との「1票の格差」は、福島1区が1.276倍、福島2区が1.465倍、福島3区が1.824倍、福島5区が1.780倍だった。