「未来の知事選」で模擬選挙 第一学院高、真剣な表情で1票

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
模擬選挙で投票する生徒

 選挙権年齢を18歳以上に引き下げる改正公選法を受け、県選管は1日、郡山市の第一学院高(通信制)で模擬選挙「未来の知事選」を行った。生徒たちが今夏の参院選を見据えて、投票に臨んだ。

 1、2年の生徒17人が参加。知事選候補役の福島大生4人による、本県の復興を争点とした政見放送を聞いた後、本物の選挙と同じ手順で投票した。

 生徒たちは、真剣な表情で1票を投じ、選挙への関心を高めていた。