高校生ら模擬選挙で理解深める いわき青年会議所が公開例会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
投票する来場者ら

 いわき青年会議所(遠藤弘道理事長)は15日、いわき市文化センターで公開例会「18歳選挙 若い力でいわきを創る!」を開き、来場者らが選挙について理解を深めた。

 市内の高校生や社会人ら約220人が来場。2部構成で実施した。1部では、いわき短大1年の伊藤葵さんが政党や候補者を選ぶポイントや実際の選挙の流れ、期日前投票、不在者投票の仕組みなどを話した。

 2部の模擬選挙では「イオンモールの進出と商業活性化対策」をテーマに、模擬候補者3人が壇上で討論。その後、来場者らが投票用紙に候補者の名前を書き込み、投票箱に投票した。