小熊慎司氏、新党・民進党へ 「保守二大政党実現へ努力」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 衆院福島4区選出の小熊慎司議員(改革結集の会)が、民主党と維新の党が合流して発足する新党「民進党」への参加を前向きに検討していることが16日、分かった。小熊氏は福島民友新聞社の取材に対し「保守二大政党実現のために努力してきた。新党への合流要請を多くの人の意見を聞いて検討したい」と述べた。

 民主・維新両党は27日に新党を結成する見通しで、16日に枝野幸男民主党幹事長が改革結集の会にも合流を打診した。

 改革結集の会は昨年12月、維新の党を離党した衆院議員5人で結党し、小熊氏は幹事長を務めている。