「民進党・県民連合」に改称へ 未来ネットから2人合流

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県議会の第2会派「民主・県民連合」は22日、県庁で会派会議を開き、民主、維新両党が新党「民進党」を設立するのに伴い、会派名を「民進党・県民連合」とすることを決めた。変更は4月1日付。また、他会派「ふくしま未来ネットワーク」から会長の高野光二氏(63)=南相馬市・飯舘村、2期=と同幹事長の水野さち子氏(53)=会津若松市、2期=が合流することを明らかにした。

 役員は当面、民進党の県連組織の正式発足まで現体制を維持する。新党の発足後、正式に役員を決める。

 水野氏は県連組織の発足に合わせ、民進党に入党する方針。福島民友新聞社の取材に高野、水野両氏は「合流要請があり、会派を移ることを決めた」と述べた。

 未来ネットの県議2人の合流により、新会派の所属議員は17人から19人に増える。未来ネットは川田昌成氏=須賀川市・岩瀬郡、6期=の1人会派として存続する見通し。

 県議会の会派構成は自民30、民進党・県民連合19、共産5、公明3、未来ネット1となる。