下郷、只見、会津坂下、柳津4町議選で「当選証書付与式」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
当選証書を受ける横山さん(右)=会津坂下町

 投開票が27日に行われた下郷、只見、会津坂下、柳津の4町議選の当選証書付与式は28日、各町役場で行われ、当選者たちが喜びを新たにした。

 「町民のため まい進」

 【下郷】町役場で行われ、12人に当選証書が手渡された。渡部利政町選挙管理委員長がトップ当選の湯田純朗氏ら当選者一人一人に当選証書を手渡し「町民の期待に応えるために今後もまい進してほしい」とあいさつした。任期は4月1日から4年。議長人事や議会構成を決める改選後初の臨時議会は同5日に開かれる予定。

 「課題克服に活躍を」

 【只見】町役場で行われ、当選者12人が決意を新たにした。横山英彦町選挙管理委員長が「只見町のさまざまな課題を克服するために活躍されることを祈念する」とあいさつし、トップ当選の目黒仁也氏ら当選者一人一人に当選証書を手渡した。任期は4月20日から4年。議長人事や議会構成を決める初の臨時議会は同日に開く予定。

 「町民の期待 応えて」

 【会津坂下】町役場で行われ、当選者16人が町議として誓いを新たにした。斎藤正雄町選挙管理委員長がトップ当選した横山智代さんら当選者一人一人に証書を手渡し、「町民の期待に応え、活躍していただきたい」とあいさつした。任期は4月1日から4年。同5日に臨時議会を開き、正副議長などを決める。

 「柳津の発展に尽力」

 【柳津】町役場で行われ、新町議10人が町勢発展への決意を新たにした。天野昭好町選挙管理委員長がトップ当選した田崎為浩氏ら当選者一人一人に証書を手渡し、「議員全員で英知を結集し、柳津の発展の為に尽力していただきたい」とあいさつした。任期は31日から4年。同日に臨時議会を開き、正副議長などを決める。