現職・菊池氏が出馬取りやめ 塙町長選、新人2人以外も動き

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い6月14日告示、同19日投票で行われる塙町長選で、3月議会で立候補を表明していた現職の菊池基文氏(70)=3期=が出馬を取りやめる意思を固めたことが20日、関係者への取材で分かった。21日に同町で記者会見を開き、正式に表明する。

 菊池氏は同町出身、東白川農商(現修明)高卒。町職員を経て2004(平成16)年の町長選で初当選し、現在3期目。県町村会副会長、東白川地方町村会長などを務めている。

 同町長選には、いずれも新人で前JA東西しらかわ組合長の鈴木昭雄氏(68)、元町議の宮田秀利氏(66)が立候補を表明している。ほかにも複数の新人が出馬を探っており、選挙戦が確実な情勢になっている。