「町を形作る重要時期」 松本楢葉町長、2期目初登庁

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2期目の初登庁で職員から花束を受ける松本氏(左)

 任期満了に伴う楢葉町長選で再選を果たした現職の松本幸英氏(55)は21日、2期目の初登庁をした。任期は30日から4年だが、復興の加速化へ公務の日程が詰まっており、町政の停滞を避けようと前倒しした。

 町役場前では職員や町民が拍手で出迎え、登庁した松本町長に女性職員から花束が贈られた。

 職員約100人を前に、松本町長は「今後4年間は将来の楢葉町を形作る上で重要な時期となる。後世にしっかりと町を引き継ぐことができるよう町民の声に耳を傾けながら、町政を進めていく」と訓示した。