藤田教育長が出馬意思固める 塙町長選、4人の選挙戦へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い6月14日告示、同19日投票で行われる塙町長選で、同町教育長を任期途中の26日に退任する新人の藤田充氏(63)が出馬する意思を固めた。27日に同町で会見を開き、正式に表明する見通し。

 藤田氏は塙町出身。東京都立大(現首都大東京)理学部卒。高城小、若松二中、白河一小の校長を歴任し、県教育庁で教育次長も務めた。塙町教育長の任期は来年3月末まで。

 塙町長選にはこれまで、いずれも新人で前JA東西しらかわ組合長の鈴木昭雄氏(68)、元町議の宮田秀利氏(66)、元県議の白石卓三氏(64)の無所属3人が立候補を表明しており、4人による選挙戦となる公算が大きくなった。

 町選管によると、これまでの塙町長選の立候補者数は2000(平成12)年と12年の3人が最多で、4人が立候補したことはないという。