「いわき市議選」投票日は9月11日 少数激戦の選挙戦へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会見する飯間委員長(左)と坂本事務局長

 9月30日の任期満了に伴ういわき市議選(定数37)は9月4日告示、同11日投票で行われる。同市選管の飯間香保子委員長と坂本新一事務局長が26日、市役所で会見し発表した。

 3月2日現在の同市の有権者数は27万2583人(男性13万2710人、女性13万9873人)。選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられると、有権者数は約6500人増える見込み。

 現在は、現職の死去や県議選立候補により欠員2の35人で構成。現職の大半が立候補するとの見方が強く、さらに複数の新人が出馬に向けた準備を進めており、少数激戦の選挙戦になるとみられる。

 2012(平成24)年に行われた前回選挙は現職30人、元職1人、新人10人の計41人が出馬した。投票率は、同市議選として過去最低の50.05%だった。

 市議選の投票率は、00年65.12%、04年59.28%、08年58.20%と年々低下。投票率の向上に向け、同市選管は「学校を中心に主権者教育の充実が図られており、積極的に支援に取り組みたい」としている。