民進党、いわき市の女性軸に候補者 次期衆院選・福島5区

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党福島5区総支部が、次期衆院選の候補者について、いわき市在住の女性を軸に人選を進めていることが7日、分かった。いわき市で開かれた同総支部の結成大会で吉田泉総支部長が明らかにした。今月中に、党県連の玄葉光一郎代表が面会する方向で調整を進めている。

 吉田氏が次期衆院選に立候補しない意向を固めているため、後継候補者の選考委員会をつくって人選が進められていた。吉田氏は大会の席上、「地元で活躍している女性を中心に名前を挙げてもらっている」と述べ、与党への対抗馬として有権者にアピールできる女性を中心に人選を進めていることを説明した。ただ、女性の名前などは明かさなかった。

 結成大会終了後、報道陣の取材に応じた吉田氏は候補者選びについて「今月中くらいに一応めどをつけたいと思う」と説明。夏の参院選に合わせて衆院選を実施する「衆参同日選」を想定し、人選を急ぐ考えを示した。