新人・宮田秀利氏が初当選 塙町長選、新人4氏の激戦を制す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
支持者らとともに万歳する宮田氏(中央)と妻多美子さん(右)

 任期満了に伴う塙町長選は19日、投開票が行われ、新人で元町議の宮田秀利氏(66)が、前町教育長の藤田充氏(63)、前JA東西しらかわ組合長の鈴木昭雄氏(68)、元県議の白石卓三氏(64)の新人3氏を退け、初当選を飾った。任期は7月15日から4年。

 宮田氏は子育て支援の充実を訴え、支持を集めた。投票率は87.04%で、前回の87.98%を0.94ポイント下回った。当日有権者数は7514人(男性3697人、女性3817人)。

 当選証書付与式は21日午前11時から同町の塙農村勤労福祉会館で行われる。

 宮田氏、若年層の支持集める

 史上最多4人の争いとなった塙町長選は宮田秀利氏が制し、494票差で敗れた前回の雪辱を果たした。

 宮田氏は4月に立候補を表明。後援会組織を約20と前回から大幅に増やし、手厚い態勢で選挙戦に臨んだ。各陣営が20~40代の支持獲得に苦戦する中、後援会に青年部を組織、給食費無料化や若者を対象にした家賃補助などを掲げ、若年層からも支持を集めた。

 藤田充氏、鈴木昭雄氏、白石卓三氏も町中心部の商店街の活性化や、介護施設の整備などを訴えて戦ったが、及ばなかった。

 同町は少子高齢化、塙厚生病院を核とする地域医療体制の充実など多くの課題を抱えている。前回に続き町政刷新を訴えた宮田氏の勝利は、変革を望む町民の気持ちの表れだろう。宮田氏には、町議3期の経験を生かしながら、これまでにない発想で町を活性化させることが望まれる。

◇塙町長選開票結果(選管最終)
当2,818 宮田 秀利 66 無新
 1,680 藤田  充 63 無新
 1,518 鈴木 昭雄 68 無新
   461 白石 卓三 64 無新