遠藤和夫氏、出馬意思固める 「北塩原村長選」3人の選挙戦へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い23日告示、28日投票で行われる北塩原村長選で、同村議の遠藤和夫氏(61)が9日、出馬の意思を固めた。同村長選では、現職の小椋敏一氏(68)=2期=と、新人で同村の会社役員伊関明子氏(61)がすでに立候補を表明しており、3人による選挙戦の見通しとなった。

 遠藤氏は福島民友新聞社の取材に対し、「百条委員会の結果を踏まえて村民の村政に対する失望感は広まっていると感じる。村政を刷新したい」と述べた。

 遠藤氏は北塩原村出身。旧喜多方工高(現喜多方桐桜高)卒。現在、村議1期目。