いわき市議選「期日前投票」始まる 有権者が貴重な1票投じる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ラトブに開設されている期日前投票所

 11日に投票が行われるいわき市議選(定数37)で、選挙戦2日目の5日、候補者は市内各地に選挙カーを走らせ、熱の入った序盤戦を展開した。同日から、市役所東分庁舎やJRいわき駅前のラトブなどで期日前投票が始まり、有権者が午前中から貴重な1票を投じた。

 今回は現職31人、元職2人、新人9人の計42人が立候補し、定数を5上回っている。少数激戦に加え「18歳選挙権」が適用されてから初めての市議選のため「票を読みにくい」と頭を悩ませる陣営もあり、各候補者の支持を訴える声には一層力が入っている。

 期日前投票は10日まで。市役所東分庁舎や各支所、好間、中央台両公民館は午前8時30分から午後8時まで。遠野、小川、三和、田人、川前、久之浜・大久各支所は、8日までは同6時終了。ラトブは休館日の6日を除き、午前10時から午後8時まで受け付けている。

 3日現在の同市の有権者数は27万9116人(男性13万6302人、女性14万2814人)。