「自慢できる町づくり進める」 湯座棚倉町長が2期目初登庁

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初登庁し、町職員から花束を受ける湯座町長

 任期満了に伴う棚倉町長選で再選を果たした湯座一平町長(55)が8日、初登庁した。

 町職員や支持者に拍手で迎えられた湯座町長は、町職員から花束を受けた。町役場で行われた就任式で、町職員を前に「チーム棚倉の一員として、住んで良かったと思え、自慢できる町づくりを進めていきたい」と決意表明した。大椙守町議会議長が祝辞を述べた。

 任期は同日から4年。