「葛尾村長選」無投票か 13日告示、高橋氏が出馬取りやめ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い13日告示、23日投開票で行われる葛尾村長選で、立候補を表明していた新人のIT広告会社経営高橋翔氏(28)は12日、出馬を取りやめると発表した。13日に郡山市で記者会見を開く。

 同村長選には無所属の新人でJA福島さくら代表理事復興対策本部長の篠木弘氏(65)が立候補を表明しており、篠木氏が無投票当選する可能性が高くなった。

 高橋氏は福島民友新聞社の取材に対し、「民間企業として新たな村政と連携することで、IT・ロボット関連起業家の移住誘致など自分の目的を達成できると考え、立候補しないことを決めた」と話した。

 立候補の届け出は13日午前8時30分から午後5時まで村役場で受け付ける。12日現在の有権者数は1275人(男性657人、女性618人)。