民進党・蓮舫代表、5区候補の擁立に期待感 次期衆院選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 次期衆院選小選挙区の福島5区で、民進党の公認候補者が事実上の空白となっていることについて、蓮舫代表は20日、候補者擁立は「早いに越したことはないが、(党福島5区総支部が)託せる人を探していると聞いており、期待感を持っている」と述べた。いわき市の視察後、取材に答えた。

 また、候補者について「特に女性であればありがたい」と加えた。党本部は今月中にも、福島5区を含めた全国の空白区で候補者擁立にめどをつけたい考え。

 同党福島5区を巡っては、現時点で公認候補となっている元衆院議員の吉田泉氏が、次期衆院選に出馬しない意向を固めており、後任候補者の人選が進められている。