次期衆院選、5区の擁立急ぐ 小選挙区、民進党福島県連

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 次期衆院選小選挙区の福島5区で、公認候補者が事実上の空白となっている民進党。共産党が5区に公認候補者を擁立したことを受け、民進党県連の亀岡義尚幹事長は「とにかく候補者の調整を急ぐ」と早期擁立を目指す考えを示した。

 共産党との野党共闘による候補者一本化の可能性については、「党本部の議論の状況を見守りたい」と述べるにとどまった。