あさか開成高、船引高で「未来の知事選」 選挙の仕組み学ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1票を投じる生徒=あさか開成高

 県選管は16日、郡山市のあさか開成高と田村市の船引高で模擬選挙「未来の知事選挙」を行い、生徒が選挙の仕組みを学んだ。

 【あさか開成高】2年生約200人が参加。生徒たちは、知事候補役の福島大生4人による政見放送を見た後、実際の選挙と同じ手順で実施。校内に設けられた投票所で1票を投じた。

 参加した2年の生徒(17)は「来年18歳になるので、1票がどれだけ重要なのか選挙の仕組みを学ぶことができて良かった。この経験を選挙に生かしていきたい」と話した。

 【船引高】全校生約360人が参加。生徒たちは候補者役の福島大生4人による政見放送を見た後、校内に設けられた投票所で実際の選挙と同じ手順で1票を投じた。

 最初に投票した1年の生徒(16)は、空の投票箱の確認作業を体験。「今までは選挙のことはよく分からなかったが、政見放送などを見て学ぶことができた。いい経験になった」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区