「過疎対策に取り組みたい」 菅家只見町長が初登庁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花束を受ける菅家氏(右)

 任期満了に伴う只見町長選で無投票で初当選した菅家三雄(みつお)氏(70)は16日、初登庁した。任期は同日から4年。

 町職員らに拍手で迎えられ、登庁した菅家氏は花束を受け取った。町役場で行われた就任式で菅家氏は「町のさらなる発展を目標に行政運営に臨みたい」と決意表明し、「職員と共に町が抱える最大の課題の過疎対策に取り組みたい」と述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

渡部恒三氏「二大政党は応援」 恒三節健在!野党再編冷静分析