郡山市議会・最大会派が候補2人から意向聞く 郡山市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年4月9日告示、同16日投票の郡山市長選で、候補者擁立を目指す市議会最大会派の創風会は24日、市内で役員会を開いた。会派で候補として挙げた中から現時点で市内の2人に絞って本人から意向を聞いた。

 26日に会派の全体会議を開き、調整を進める。年内にも結論を出したい考え。 市長選を巡っては、現職の品川萬里氏(72)が12月議会で再選を目指して立候補することを表明。元市技監の芳賀英次氏(61)は出馬の意思を示している。