【田村市長選】現職・冨塚氏出馬へ 市発足後初の選挙戦か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了は4月16日。市長選は4月2日告示、同9日投票で行われる。現職の冨塚宥暻氏(70)=3期=は昨年の12月市議会で「市民の支持が得られれば、さらなる発展のため引き続き市政を担わせていただきたい」と立候補を表明した。

 市長選では一部で立候補を模索する動きがあり、市発足以降初の選挙戦になる可能性がある。

 冨塚氏は旧船引町長を経て2005(平成17)年、町村合併による初の田村市長選で無投票当選。これまで3期連続で無投票当選を果たしている。同市は東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された都路地区の復興や人口減少対策などの課題を抱え、かじ取り役にかかる期待は大きい。市民には選挙戦を望む声もあり、今後の動きに注目している。

 市長選と同日選で、市議補選(欠員1)が行われる。