新人の5陣営が出席 川俣町長選・立候補予定者説明会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 川俣町長選の立候補予定者説明会は1日、町役場で開かれ、新人の5陣営が出席した。

 受け付け順に、出馬の意思を示している県議の佐藤金正氏(68)と、元川俣町収入役の藤原一二氏(70)、川俣町議の高橋道弘氏(63)、不動産業の半沢清義氏(73)の4陣営。このほか、「立候補を検討中」とする農業男性(67)が出席した。ほかに目立った動きはなく、選挙戦の公算が大きい。10日までに高橋氏が辞職した場合、町議補選(欠員1)が町長選と同日程で行われる。

 町選管によると、町長選に5人以上が立候補したことはない。立候補者が最多だったのは1971(昭和46)年4月の町長選で、4人が立候補した。