宮本氏が再選出馬 富岡町長選、選挙戦が濃厚

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 8月5日の任期満了に伴う富岡町長選で、現職の宮本皓一氏(70)=1期=は25日、いわき市で開かれた後援会新年会で再選を目指して立候補することを表明した。

 同町長選を巡っては、新人で前町議の山本育男氏(58)が立候補の意思を固めており、選挙戦が濃厚となった。

 宮本氏は後援会から町長選出馬の要請を受け、「今後、新しい富岡町をつくっていくという力強い気持ちで(要請を)受けたい。再び町のリーダーとして取り組みたい」と述べた。無所属で立候補する予定。

 宮本氏は富岡町出身、小高農(現小高商)高卒。2000(平成12)年の同町議選に初当選し、町議会議長などを務めた。町議を4期目途中で辞職し、13年の同町長選に出馬、初当選した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区