現職、新人一騎打ちか 田村市長選告示まで1カ月

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い4月2日告示、同9日投開票で行われる田村市長選は、2日で告示まで1カ月になる。これまでに無所属の現職で4選を目指す冨塚宥暻氏(71)と、無所属の新人で前県議の本田仁一氏(54)が立候補を表明、一騎打ちが有力となっている。

 2005(平成17)年3月の町村合併に伴う市発足以降、初の選挙戦となる見通し。合併の効果を検証し、市の今後を誰に託すかを決める選挙になる。

 冨塚氏は旧船引町、本田氏は旧常葉町出身で、全市的な支持を得られるかが当選の行方を左右する。

 冨塚氏は新市のまちづくりや復興施策を進めてきた実績を主張し、市政継続を訴える。

 本田氏は市議、県議の経験を踏まえ、人口減少による地域衰退に歯止めをかける決意を示す。

 市長選と同日選で、市議補選(欠員1)が行われる。昨年12月2日現在の有権者数は3万2851人(男性1万6070人、女性1万6781人)。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

渡部恒三氏「二大政党は応援」 恒三節健在!野党再編冷静分析