「田村市長選」9日投票 現新2候補、最後の訴えへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う田村市長選は9日、投票が行われる。いずれも無所属で、4選を目指す現職の冨塚候補(71)、新人の前県議本田候補(54)は8日、市内各地を遊説し、選挙戦を締めくくる。

 投票は9日午前7時~午後6時、市内35の投票所で行われる。開票は午後7時30分から市総合体育館で行われ、大勢判明は同10時すぎの見込み。町村合併に伴い2005(平成17)年に市が誕生して以降、初となる市長選は人口減対策などを争点に市政の継続か、刷新かが問われる。

 最終日の8日も激しい舌戦が展開される。冨塚候補は市内全域を遊説、午後7時から同市船引町の選挙事務所で打ち上げる。本田候補も市内各地を巡り、午後6時30分から同市船引町の選挙事務所で打ち上げる。

 田村市の有権者数は1日現在で3万2697人(男性1万5995人、女性1万6702人)。

 田村市議補選、9日投票

 田村市長選と同日選の市議補選(欠員1)は9日、投票が行われる。立候補しているのは届け出順に、新人の団体職員白石勝彦候補(63)、元市議の自営業松本悦子候補(66)の2人。それぞれに主張を訴えている。