期日前投票、前回下回る 郡山市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
投票する有権者=郡山市役所

 13日現在、悪天候影響か

 16日投開票の郡山市長選で、10日から始まった期日前投票は開始4日目となる13日現在で累計1万3829人となり、前回の2013年市長選の同時期の1万4563人を下回っている。

 市選管によると、初日が2418人と前回(2163人)を上回り、好調な出足となったが、2日目は悪天候も重なったためか低調。以降は前回並みに推移している。近年の選挙では、期日前投票の周知が浸透し、全投票者に対する期日前投票者数の割合は増加傾向にあるが、全投票数は伸び悩んでいる。

 今回の市長選では「18歳選挙権」が初めて適用され、市選管は専門学校や自動車学校、ショッピングセンター、大学の食堂など、若い有権者が集まりやすい場所に選挙啓発のため紙ナプキンを設置し、周知を図っている。

 前回市長選の期日前投票者数は最終的に2万8813人だった。

 期日前投票は15日まで。市役所本庁舎と市内14の各行政センターで午前8時30分~午後8時、ビッグアイ6階市民サービスセンターで午前10時~午後7時、受け付けている。