いわき市長選、9月10日投票 「18歳選挙権」が適用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市選管は25日、9月27日の任期満了に伴う同市長選を9月3日告示、同10日投票で実施することを決めた。同市長選として初めて「18歳選挙権」が適用される。

 同市長選を巡っては、現職の清水敏男氏(53)=1期=が再選を目指し、22日に立候補を表明した。2013(平成25)年に行われた前回市長選に出馬した元衆院議員の宇佐美登氏(50)も意欲的な動きを見せているほか、水面下では対抗馬擁立を模索する動きが複数あり、選挙戦になる可能性が高い。

 同市長選は05年以降、自民党支持層を二分する分裂選挙が3度続いている。今回も、前回市長選で敗れた渡辺敬夫氏に近い市議会最大会派「志帥会(しすいかい)」の動向が注目される。

 立候補予定者説明会は7月に開かれる予定。3月2日現在の有権者数は27万8170人(男性13万5934人、女性14万2236人)。