元副町長・星氏が出馬を表明 下郷町長選、選挙戦の公算大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9月29日の任期満了に伴う下郷町長選で、新人の元同町副町長星澄雄氏(69)が31日、無所属で立候補することを表明した。

 現職の星学氏(70)=1期=が既に出馬を表明しており、2013(平成25)年の前回と同じ2人による選挙戦となる公算が大きくなった。星澄雄氏は福島民友新聞社の取材に対し「人口減少により町が衰退してしまうという危機感が(立候補を)後押しした。誰にでも優しい町づくりに全身全霊で取り組んでいく」と話した。