衆院選「区割り改定」...連携強調 自民県連、西郷で懇談会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 衆院小選挙区の区割り改定で西郷村が福島3区から福島4区に編入されることを受け、自民党県連は18日、同村で西郷村支部をはじめとする党関係者を集めた懇談会を開いた。吉田栄光幹事長は会合後、「混乱はあると思うが、新たな区割りで政治活動がスタートする。住民に説明しながら活動を進めていきたい」と述べた。

 県連と同村支部、福島3、4区支部関係者らが出席した。吉田幹事長はあいさつで「住民の声が政府に届くよう、連携を取っていきたい」と強調。4区支部長の菅家一郎衆院議員(比例東北)は「期待に沿えるよう全力で働いていく」、上杉謙太郎3区支部長は「二人三脚で編入がいい結果をもたらすよう頑張っていきたい」などと抱負を述べた。