現職・小林氏「出馬表明」 福島市長選、対抗馬の動き注目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12月7日の任期満了に伴う福島市長選で現職の小林香氏(58)は12日、福島市で記者会見し、再選に向けて無所属で立候補する考えを表明した。

 同日、自らの連合後援会や10以上の支援団体から立候補の要請を受けた小林氏は「福島市は復興の途上にある。古里の発展のため、そして皆さんの思いを実現するため、皆が誇れる福島を目指す」と決意を示した。

 現職の立候補表明で今後は市長選を巡る動きの本格化が予想される。民進党、自民党系など超党派の市議有志は7日に復興庁福島復興局長の木幡浩氏(56)に立候補を要請しており、今後の動きが注目されるほか、水面下ではほかにも立候補を探る動きも出ている。

 小林氏は伊達市保原町出身。福島高、中大法学部卒、英国サセックス大修士課程修了。旧大蔵省、財務省を経て2009(平成21)年7月から2年間、環境省東北地方環境事務所長を務めた。13年の市長選で現職を破り初当選した。